2018/12/19

1月11日(金)18日(金)19日(土)「多文化共生コミュニケーションサポーター研修会」

多文化共生サポーターとは、医療機関、学校、行政機関窓口等で外国人と日本人のコミュニケーションをサポートする通訳ボランティアのことです。この度は、通訳の世界でご活躍されている経験豊富な講師陣を招き、講演会を開催いたします。是非、ご参加ください。
*サポーターは登録制で、医療分野と一般分野があり、今回の研修会を受講後に登録可能となります。

日時

研修会① 平成31年1月11日(金) 13:00~16:00

研修会②   平成31年1月18日(金) 13:00~16:00

研修会③   平成31年1月19日(土) 13:00~16:00

講師

研修会① 西村 明夫氏(RASCコミュニティ通訳支援センター代表)

研修会② Julia Knezevic氏(順天堂大学講師、日本医療通訳協会講師)

研修会③ 村松 紀子氏(医療通訳研究会 MEDINT代表)

場所

岡山国際交流センター 3F 研修会

対象

多文化共生コミュニケーションサポーター登録者及び新規登録希望者

<新規登録希望者の参加条件>

・日本語とその他の言語で円滑に意思の疎通ができる方

・県内在住・在学・在勤の20歳以上の方でボランティア活動をする意思と時間の余裕がある方

・登録希望言語が英語の方は語学レベルが、英検1級、TOEIC900点程度の語学力がある方、または通訳経験がある方に限ります)

参加費

無料

定員

各回25名

持ち物

辞書と筆記用具

申込み・問合せ

申込用紙に必要事項を記入して、郵送、ファックス、メール、または直接ご持参ください。